2017/04/22(土)見過ごされている佳作:TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より

ここ数日、Amazon Primeで毎日のように見返して楽しんでいます。キャラクターの設定配置、キャラの表情、声優さんの演技、主題歌とOPEDアニメーションいずれもよくできていると思う。

タイトルの冠は、なくもがな
タイトルによれば本作は江戸川乱歩の少年探偵団をモチーフとしたらしいですが、見る限りキャラクターの一部の名前と、主人公側の勢力が探偵で「怪人二十面相を追い詰める」ところだけが共通なので、むしろ冠はつけない方がよかったのでは? 昭和の香りが残る少年の活躍物語や、OPのような爽やかな青春ものを期待すると裏切られます。謎解決の流れは力技かご都合主義、理不尽な死あり、胸糞悪い展開もあり、明智”先生”は大人としてクズだし、ダブル主人公も一筋縄ではいかない設定で、合わない人は本当に合わないでしょうね。

主人公の造形は甘い
OP詐欺ともいえる、主人公の片割れ花咲健介(CV.逢坂良太)についても好悪が分れるとは思います。ネグレクトでホームレスの少年、小林芳雄(CV.山下大輝)を強引に少年探偵団に引き込むものの、かなり早い段階(7話以降)で彼のフォローを他の団員に任せ、個人的問題を怪人二十面相に突かれて、明智の弱点となってしまう。怪人二十面相に囚われたのを明智と探偵団のバラバラな奮闘で奪還された(12話)あとも、誘拐時に心理操作されたのではとの疑いから探偵団に戻れず、明智への不信も引きずって何話分も悩み続ける。この展開も「爽やかな少年もの」とはほど遠い。ただし、よく見れば第一話から、何も考えていない単細胞で身体能力頼みではあるものの育ちの良さは伺えるし、23話から24話にかけての汚名返上的働きは真骨頂として爽快感があります。
もう一人の主人公、本作の鍵である小林は、よく考えると設定がご都合主義で、「何者も靄に遮られて触れない」割にはホール舞台のささくれで出血したり、消毒剤だけ滲みたりしています。花咲を庇って撃たれて瀕死の重症を負ったあとの処置も不満があります。少なくとも保温と、薬を見せる前にプラ包装は剥いてやって欲しい。孤児となったあと教育を受けた形跡がないのに、雑誌は読めるし会話に不自由がない程度の語彙があるのも不自然です。

二十面相は仮面マニア
視聴者の視点が一般人ではなく少年探偵団か明智の場合が多いためでもありますが、怪人二十面相は変装するより、本人そのものとしての登場が圧倒的に多いです。明智と対峙するときはともかく、攫った花咲の前でも素顔を晒しているのはどうかと…。変装の代わりに毎度変わっているのはお面の種類です。しかしながら本作の怪人の怖さは変装よりも、一般人を協力者に引き込む話術と心理操作なので、この点からも「二十面相」よりましな自称があるのではと思います。

「先生」はクズ
24話を通して見た明智小五郎は、大人としてクズとしか言いようがないです。チェーンスモーカーなのは原作の時代と、健康オタクの野呂誠(CV.木戸衣吹)が同室しない設定になっているので最早どうでもいいですが、未成年を生命の危険がある探偵家業にかかわらせておいて「自己責任」とは(右足を亡くした井上了(CV.梅原裕一郎)の保険はどうなっているのだろう…)、また少年探偵団「解散」にしても、瀕死の小林を放置しつつ一方的に宣言しただけで、連絡手段を断つなりしていないのは大人として詰めが甘すぎます。22-24話で成層圏プレーンまで明智を奪還しようとするミッション中、普通なら少年少女達は生命か、少なくとも将来は確実に絶たれていたはず。24話が終わってみれば、この話は怪人二十面相と明智との壮大な痴話喧嘩と言えなくもないので、巻き込まれた少年少女と警察がただただ悲惨です。

辛口の話ばかりになってしまったので、次記事では気に入っているところを。

2017/04/22(土)フライ返しは左手、スプーンは右手

ペルソナ~トリニティソウルの、真田が慎にチャーハンを作る回を見直しました。左利き設定がないと思っていたのですが、中華鍋を振るうのは右手、フライ返しは左手に持っていました。スプーンは右手だったので微妙です。蛇口はどちらで締めていたか、今度確かめてみよう。

2016/02/14(日)東京ジョイポリス「影時間からの脱出」

表題のイベントに行ってきました。今回は、p3mとのコラボです。2014年11月にPQコラボの脱出ゲームに行ってきたのですが、その時よりチケットが安くなっていました。

今回は、14:00からの回を買って、その前の回から会場にいて予習をして臨むことにしました。ただし、2014年と異なり会場設置のパネルは幕間に取り外されていたため、10時回の参加者が行動中に確認できなかったパネル(非常口の外の隔離されたもの以外で)が一つ残りました。

答え合わせも後半から見ていたのに、時間制限ぎりぎりでようやくゴールできました。参加人数からして正答人数が少な過ぎるので、主催者は1回でクリアできる難易度にはしていないですね。今回は星座の帯を切り離して立体的に工作する作業が入ったので、セロファンテープを持っていたら良かったと思いました。(作業ごとに1cm*2cm程度のテープはもらえますが、足りないので)

コラボイベントは、p3mのフレームで写真がもらえる紋章探しと、前回もやったルーン占いをしました。紋章探しは17分でクリアできたので、脱出ゲームもこの位の難易度・価格で良いのになあ。
OK キャンセル 確認 その他